たたら大皿

d0085887_752047.jpg

タタラで反りを確保するための「型」
きっと石膏で作るのがほんとだろうが
この大きさだと重いので・・
発砲スチロールを使っている

自分で削って重ねたもの
相当大きく作ってあって・・サイズは自由になる

昨夜は・・深夜まで
80×50cmほどの板皿を
サイズをつめて・・50×30cmに直した
出品規定に・・サイズ制限がついてるからである

十分に乾燥済みが二枚あったから
期日も迫ってるので・・転用することにして
削り落したわけである

殆どを・・ロクロで制作しているから
紐作りや・・タタラは決して得意ではない
しかし・・紐やタタラが持ってる造形の自由は
やはり・・魅力的である

真円・・シンメトリーの限界の中でのロクロ
その制限に守られてるものがあって
熟達すれば・・奥の深い造形にもつながるが
イメージのままに・・土を誘導して形にしてゆく手びねり
多くの陶芸家が・・場合によると
ロクロを離れて・・手びねりに移ってゆくのもわかる

この板皿・・
糸抜きで・・波状の紋様を打つが
これから丁寧に削って・・面をとり
研摩して素焼きにまわす予定である

締め切りまで一カ月・・
追いかけられないように・・と思いつつ
重なってる仕事の割り振り・・
上手くゆきますように・・である


昨夜は・・少し根詰めて仕事したら
いささか疲れて・・ブログ更新できずだった

やや弱気めいて・・不本意ではあるけど
個展に向かう準備もあって
無寄港継続も・・むずかしいかもしれない

あと数カ月で・・古希
受け入れるものは受け入れて
その上で・・ベストを尽くす
そんなものかも・・と思い始めている




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-16 07:37 | ●工房便り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード