最後の巡回展

d0085887_2245324.jpg

三州瓦の本場・・愛知県高浜市
「第21回日本陶芸展」・・最後の巡回
「高浜市やきものの里 かわら美術館」
d0085887_225185.jpg

去年の4月6日・・東京の大丸で始まって
およそ1年の旅・・長い会期が終わる
d0085887_22595.jpg

毎日思い出してたわけじゃないが
久しぶりに展示されてる自作の
晴れ舞台を見ておこうと・・でかけた
d0085887_22521100.jpg

1971年・・第1回展のときはゲルト・クナッパー
全部書くのも大変だが・・
林秀行 生田和孝 小野寺玄 星野暁 荒田耕治 
上田健次 小川博久(2回) 鈴木三成 佐藤健 人見啓一
日野田崇 山口耕三 橋本昌彦 豊山淋絃 宗像利浩 
山路和夫  金子信彦 そして前回20回展・・織田達也 
連綿とビッグネームが並んでいる

この展覧会の・・文部科学大臣賞受賞者一覧がこれである
陶芸の世界に身をおけば・・
一度や二度・・お名前を聞き
作品を勉強する機会のあった作家たちだ
d0085887_2253014.jpg

帰りの車中で・・買い求めた図録を眺めながら
直近の第21回展の受賞が私・・そうしてみると
これがとんでもなく大きな名誉だと・・
改めて・・実感するのだった
d0085887_2254055.jpg

午後から・・地元岐阜県現代陶芸美術館の館長
榎本徹先生の・・講演がある
あらかじめ申し込んでおいた

授賞式でお目に掛かって以来1年
陶芸公募展の今昔を伺った
日本陶芸展も・・日本伝統工芸展も
どちらも・・ホームグランドにしてきたから
思い当たることもあって・・興味深かった
d0085887_2255325.jpg

図録で・・私の作品の講評を
書いてくださったのが・・榎本先生だった

読み返してみて・・
講評に相応しく作り続けているか
胸に手を置く一瞬でもあった

会場でお目にかかったブロガーの
りこさん夫妻と並んで聴講できたが
バーチャルではあっても
時間をかけたおつきあいが
初対面のぎごちなさを省いてくれる
度々・・経験してきたことだ

常滑の近くにお住まいとのこと
いつの日か・・また常滑の古い街並みを
ご一緒できたら・・である
d0085887_226852.jpg

昨日書いたように・・この後
四日市まで走り・・熊本さんを訪ねたわけだ

ぐっすり眠った翌朝・・生憎の雨のなか
瀬戸まで走って・・村上金物店に出向いた
近頃・・関東では超鋼カンナが手に入りにくい
この店なら豊富・・注文制作だってしてくれる
d0085887_2261660.jpg

何度か来てるが・・雰囲気がいい
雑然としていて・・しかし
もの作りの好きな・・こころの機微を忘れてはいない

仮に少し大きな出費になったとしても
この並べ方だと・・選んでいるときにはそう思わない
欲しいものを・欲しいだけ手に入れた満足感があるのだ
d0085887_226256.jpg

糸貼りの後に顔料を吹きつけ
僅かにできるバリを整理するとき
この道具が・・助けてくれそうだ
d0085887_2263373.jpg

そして・・虫眼鏡で重箱の隅を突くような
顔料の穴埋めは・・この極細の面相筆がいい
d0085887_2264052.jpg

これが目当てだったから・・
現物を見ながら・・欲しいものを選んだ
決して安くはないカンナだが
これなくしては・・精緻な削りができない

乾燥が進んだ硬い土が・・粉になって散る
オブラート一枚を剥ぐように削り
破たんのないシルエットを確保するのも
このカンナあってのお陰である
d0085887_2265219.jpg

指定席におさまった・・旅は終わった

出かける前に・・告知の挨拶を書いて
3月4日会場にいて・・一泊して瀬戸に・・
もし時間があったら・・この指とまりませんかぁ~!
そうしたかったが・・
それも・・不在証明の個人情報
気が咎めて・・せずにでかけた

お知らせすれば・・
お目にかかれたかもしれない方に
申しわけないと・・思いながら
何となく不安な世のなかが・・疎ましい
穏やかな世のなかになってほしいものだと
痛感しつつ・・また工房での日々に戻ろう



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-03-06 23:29 | ○展覧会 | Comments(6)
Commented by gu-nya7 at 2012-03-07 08:36
榎本先生の講演会、やはり行かれたんですね
こそっと横からお会いしに行きたかったのですが 行けず残念でした

でも 週末か来週辺り 勉強させてもらいに行ってきます
落ちた公募展はいい勉強になりますから(泣)

村上にも寄られたんですね
わたしも先日 いろいろと仕入れてきました
10年程前 陶芸を始めた頃、しった(湿台?)が売っていると思い
買いに行ったので、「しったの子」と呼ばれていました
さすがに最近は呼ばれなくなりましたが…

いつか ひょっこりお会いできるのを楽しみにしています
Commented by りこ at 2012-03-07 09:30 x
村上金物店 何を購入されたのかなぁと思っていました。
ここでは、瀬戸の情報も親切に教えてくださるので、私は紹介で、窯を購入しました。

最近は 素通りが多かったのですが
こんなに 宝が売られているのですね また行ってみたくなりました。

私は かわら美術館で ろくろ練習を基礎から学び直そうかな・・・と^^
Commented by touseigama696 at 2012-03-08 00:31
gu-nyaさん
ありがとうございます&ごめんなさい
もしかして・・メールすればと
思ったりもしましたが・・それも
催促みたいで気がひけて・・苦笑
チャンスを逃したかもです
いつか・・お目にかかれる日を・・
Commented by touseigama696 at 2012-03-08 00:32
りこさん
ありがとうございました
村上は・・面白いお店です
あれだけ専門道具が沢山ありながら
「金物店」って・・とっても好きです・・笑
Commented by はるこ at 2012-03-08 20:37 x
およそ一年の旅をした自作、、、感慨深いですね〜
一人旅ですね!
すばらしいの連続です、、
Commented by touseigama696 at 2012-03-09 00:37
はるこさん
本人は・・工房でアタフタしてるのに
去年の作品ふたつが・・今でも旅行中・・笑
大勢の鑑賞者のみなさんのお陰で
作品は・・少し育ってゆくみたいです

久しぶりに会ったら・・
次回作での完成度UPは
このあたりを注意せよ!・・
って言われてるみたいです





名前
URL
画像認証
削除用パスワード