We never said Goodbye

d0085887_0563172.jpg

このCD・・かなり薄らいだが自分で買ったのを覚えている
ライナーノーツのサインが85年・・デビュー版だ

しかし・・彼女が
ディオンヌ・ワーウィックのいとこだとは知らなかった
二人とも・・音楽性も歌唱力も卓抜した歌手だ

ホイットニー・ヒューストンが・・
スーパー・ボウルでだったろうか・・国歌を歌った時
まるで完璧に調律されたスタインウェイのフォルテッシモ
どんなに声を張っても・・音程は微動だにしなかった

当然の如く・・アメリカン・ドリームの道を歩いた
しかし・・マイケル・ジャクソンがついこの間だった筈だが
アメリカン・ドリームがDreamのままに終わるのは難しいようだ
48年の人生・・手にしたものも大きかったが
失ったものは・・もしかしたらもっと大きい
d0085887_0563818.jpg

♪・・I will always love you・・♪
彼女の最大のメッセージは・・
今夜のグラミー賞授賞式で・・ジェニファー・ハドソンが
ホイットニーのために歌った
きっと・・アメリカンドリームの最大の落とし穴は
こころから愛される・・深くて静かな愛を見失うことだ

夢見てる間はドリームでも
手にすれば・・それはブーメランのごとく
わが身に迫る武器だと・・予見すべきことかもしれない

まだまだ歌えたはずの歌は・・もう聞けない
彼女の死は豊かな才能の死・・惜しい死だ

いとこのディオンヌ・ワーウィックの好きな歌のひとつ
♪・・We never said Good-bye・・♪
皮肉なことだが・・ふたつの歌をつなぐものが
それこそ・・「愛」だと教えてくれてるようだ
d0085887_13560.jpg

久しぶりに・・デビュー版のこのCDを聴きながら
小さな食器の・・糸をはずして彩色のバリを補正した
d0085887_131186.jpg

小さいものほど・・手はかかる
お食い初め・・生まれた小さな命も
当然だが・・豊かな愛情で手をかけねば・・である



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-02-14 02:04 | ●エッセイ | Comments(4)
Commented by はるこ at 2012-02-14 21:12 x
若すぎますね!
かなり無理して身体をこき使ってるのが見える写真がよくあって、
ハラハラしていました。
旦那もいけないんですよね、、
ディオンヌ ワーヴィックの方は、バート バカラックという人が付いていい人生を送ったのでしょうか、、?
私はてっきりホイットニーが姪だと思っていました。
どちらもよくのびる声、確かなものを持っていますよね、、
残念ですね。
Commented by touseigama696 at 2012-02-15 01:42
はるこさん
ありがとうございます
スーパースターって・・
なかなか全うできないもんなんですね
きっと・・押しつぶされそうな圧迫
すごいもんなんだろうな・・って思います

それでも自分で選んだ人生
受け入れるしかないんですね
Commented by yumita6 at 2012-02-16 06:30
このジャケット記憶にあります!
・・と思ったら我が家にもこのCDが(^.^)ありました!
あーそうだ・・スゴイ人が現れたと感動し理屈抜きで手にしたのを
思い出しました。
彼女の声は「そよ風の贈りもの」どころか「神様の贈りもの」でした。
衝撃的に誕生し、衝撃的に亡くなってしまいましたネ。
天国で安らかに。
Commented by touseigama696 at 2012-02-17 02:06
yumita6さん
ありがとうございます
星の誕生・・消滅
人間も・・大スターともなると
星の運命と似てくるのかもですね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード