今年もまた・・挑戦

d0085887_015937.jpg

去年の暮以来の・・大皿の作成にかかった
タタラでの四方皿は・・初めて手掛ける作品である
薄い作りの皿なので・・乱暴に扱うと壊れそうで恐い

上手く焼ければ・・三週間後に搬入予定の
東日本伝統工芸展に提出しようとしている一枚である
ロクロ挽きの分も入れて・・三点を準備しつつある
d0085887_0151564.jpg

紋様の作り方は・・去年の本選で使った方法と同じ
それまでの作品に変えて・・新しい貼り方をしている

この展覧会では・・漫然と・・
前作と類似の作品作りは・・厳しく咎められる
完成度を上げるために・・例え僅かでも
新しい工夫を要求されるのである

そして・・それが想像以上に難しいことは
この展覧会に挑戦してみると・・よくわかる
しかし・・衰えゆく頭を揺さぶり
身体を引っ掻き廻して・・僅か1cmの進歩に賭ける
苦しみながらではあるが・・ちょっぴり技の確かさを
もらえるような気がして・・今年もまた始めるのである




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-02-06 01:02 | ●工房便り | Comments(8)
Commented by gaunn at 2012-02-06 07:42 x
いいですね次の作品に挑戦されること
失敗はないのですか?私なんか10枚書いても
満足しないどうしたものかとジット我が手を見る
の俳句が浮かんできます。器は高価なので
失敗は許せませんね。
Commented by 夢工房あすか at 2012-02-06 11:28 x
新たな挑戦、楽しみですね。
先日のタタラの花入れは、何事もなく、よかったですね。
板皿も、ゆがみがないようですが、どのような点に留意されたのでしょう? 
細かな点で、気を配られたところはありませんか。
タタラものは、よく締めることと、ゆっくり乾燥させることが、要所のように思いますが、
教室では、なかなかゆっくり乾燥させることも出来ません。
私は、前々からタタラものについての、乾燥時における収縮の応力分布を知りたいと思っています。
円形、楕円形、正方形、長方形など、それぞれのタタラの形状ごとに、
乾燥の経時変化/水分量の変化により、どのようにストレスがかかり、収縮するのか・・・
そして、どのような過程で歪みや、割れが発生するのかなどなど、
細目土と、荒目土の2種類くらいの、薄手ものと、厚手ものの科学的なデーターがほしいと思っています。
大学の陶芸科などで、データー測定をしてくれると、いいのになぁ~と思っています。
このような研究では学位はとれないでしょうが・・・
こういうデーターの裏付けがあれば、助かるのですがね・・・。
Commented by はるこ at 2012-02-06 16:25 x
>衰え行く頭をゆさぶり、身体を引っ掻き回して、、!!
この表現が感動と笑いを呼びます。
でもここまでモノに集中しているときは、
もう年齢は問題ではなくて、30代と同じらしいですよ。
ものすごい脳の活性化です!
あわてて、わたしはヨガをしました、、
Commented by aimons at 2012-02-06 22:15
こんにちわ^^
工芸展の作品、3点も準備なさるのですね〜。
なんか、1点でも大変なような〜。

3Dの波ライン・・いつ見ても、触りたくなっちゃいます〜。
Commented by touseigama696 at 2012-02-07 00:36
gaunn さん
ありがとうございます
失敗はしょっちゅうですよ・・苦笑
でも・・失敗から教えられるものも多いから
しゃんめいか・・です
Commented by touseigama696 at 2012-02-07 00:39
夢工房あすかさん
ありがとうございます
何に気をつけたかといっても
その都度の作業を丁寧に・・とでも
確かに・・乾燥が一番大事なこと
ともかくゆっくり乾かしました

収縮に関するデーター作り
大変なことですね
でも・それがしっかりしてれば
闇雲に没になる作品が減るでしょうね

Commented by touseigama696 at 2012-02-07 00:42
はるこさん
ありがとうございます
でも・・とっくに頭はボケとります・・笑
毎日一度や二度は・・ボケを実感しつつ
涙にくれております・苦笑
Commented by touseigama696 at 2012-02-07 00:49
aimonsさん
ありがとうございます
出品は・・大抵それくらいは作っています
窯から出るまで・・無傷か?・・色合いは?
気になることだらけ・・一枚では不安ですからね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード