ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

パズルみたいに・・

d0085887_4134387.jpg

窯詰めするときは・・
釉薬の掛け終えた作品を全部並べて見る
全体がどれくらいになるか・・
どう詰めればいいか・・
多少計算する必要があるし
うっかりすりると・・棚に置いたまま
積み残す心配もあるからだ

予定通り・・ぴったり全部を詰める
釉掛けをしながら・・そこらへんを予想するのは
簡単じゃないが・・大事なことだ

窯焚きの経験が多くなるにつれ
案外直感が働いて
いける・・いけないが判ってくる

昨晩は・・その直感に・・?・・の信号がついた
実は・・この大皿は
教室の生徒さんの作品で
県展に出品したいという希望があって
この窯で一緒に焼くことにしたのだが
私の作品だけでひと窯・・と
イメージしていた分量に・・予定変更が起きたわけだ

いけるはずだと思っていたが
大皿を甘くみてはいけない
結構・・スペースを使う

従って・・最下段の詰みはじめから
不要な隙間を作らないよう
注意深く・・詰めていった

湯呑み・・ぐい呑み・・小鉢小皿などがあれば
隙間を埋めるのに便利だが
今回の窯は・・やや大きめの器で高さも不揃い
隙間を見つけては・・ここに何とか・・と
パズルのように・・あれこれいじる

窯詰めには・・面白い特徴がある
もし餅を焼こうと・・網にぴっちり並べれば
焼きあがるころ・・餅は膨らみ
隣り同士くっついて一蓮托生だろう

だが・・陶芸の窯でこれは起きない
粘土は・・収縮すれども膨張しないからだ
成形時と焼成後では・・15%くらい縮む
だから・・詰めるときは・・1mmの隙間で問題はない

薪窯のように・・
火の走りを気にするわけでもないガス窯・電気窯で
如何に上手く詰めるかは
隙間との戦いみたいなものなのだ
d0085887_4135068.jpg

結果は・・こうなった
湯呑みなら・・あと2~3個
ぐい呑みなら・・5~6個は入りそうだが

予定したものは・・全て詰めた
「こいつだけ・・積み残しかぁ」・・もなければ
「ここにもう一個・・何かないか?」・・もない
最後の一個がぴったり収まった時
思わず・・拍手だ・・笑い
最上段左手前隅の丸い水指の蓋が・・
その最後の一個だった

今朝4時に火をいれ・・1時間たった
セットしたタイマーが鳴って
チェックと記録・・順調に186度を進行中
天麩羅なら・・そろそろの温度だろうが
陶芸窯では・・まだ始まったばかり
1240度は・・はるか彼方である

900度までは・・あぶり
勝負の還元は・・そこから先のこと
22時間jほどの・・長い一日が始まった

無事に終わってほしい
願うことは・・いつも同じである



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2011-09-13 05:21 | ●工房便り | Comments(2)
Commented at 2011-09-14 12:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by touseigama696 at 2011-09-15 00:55
鍵コメさん
ありがとうございます
なるほど・・シャトルつきの欠点かもですね
私は・・空でも扉はきちんと閉めてます
でも気をつけますね・・感謝です

名前
URL
画像認証
削除用パスワード