一点もの

d0085887_2244245.jpg

昨日に続いて・・20kgで大皿を挽いた
形も随分と違う・・口を大きく開いた
高さが13cmで・・直径は68cm
狙い通りのサイズだった
d0085887_22443527.jpg

土殺しを終えたときが・・これ
大皿にしては・・径が細いが
高台を小さくしたい狙いがあるからだ

25cmほどの高さだが・・ここから
昨日も書いた通り・・息を詰めて挽きあげ
その後に・・今度は息を吐きながら開く

自重に耐える限界を見極めて
薄く挽き伸ばすが・・
ロクロの回転をコントロールして
土に無理な負担をかけないことが大事だ
d0085887_2246273.jpg

午後は・・久しぶりの手慣らしに
思いのままに・・一点ものを作ってみた
暫く挽いてなかったから・・
色々な手つきを使うようにした
d0085887_22445523.jpg

だからといって・・
何を挽くか決めずに・・土を殺すのは間違いだ
準備のできた土は・・作ろうとするものと相似形

その意味で・・鉢と屹立ち花器は・・
最初から土塊の姿が違うべきだと・・思う
d0085887_2245375.jpg

いろんな手つきをしたら・・こうなった
9点ほど作った

ひとつだけ・・共通するものがある
どれも・・2.5kgの粘土で挽いた
土の量は同じで・・姿の違うものを・・
これも・・案外いい稽古になる

上手く乾燥が進めば
明日の午後は・・削れそうだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!






[PR]
by touseigama696 | 2011-04-29 23:43 | ●工房便り | Comments(4)
Commented by ukky_tg at 2011-05-01 01:51
20kg!
そして、2.5kg!!!

「同寸同姿」といい、今回の「同重異姿」(?)といい
三崎さんはいつも
私に、陶芸の道のりの遥かな遠さを見せてくださいます。

もう、うれしいやら哀しいやら…(笑)
Commented by harukob1 at 2011-05-01 04:26
土を殺す、、はじめて聞きました。専門用語ですね。
何か、どきっとして、あとでいいなぁと思いました。
生きる、死ぬ、生まれる、いろいろな創作に使われますが、
土を殺す、、、土が泣くとか、笑う、という言葉もありますか?

ノラ ジョーンズ、いいですね。
彼女の自然な表情も好きです。
Commented by touseigama696 at 2011-05-02 00:02
ukky_tgさん
ありがとうございます
確かに・・遥かで遠い道のりですが
だから面白いとも・・笑
大いに楽しみましょうぞ・・笑

Commented by touseigama696 at 2011-05-02 00:07
harukobさん
ありがとうございます

ろくろの上で・・しっかりと土を殺して
おとなしくしておかないと
挽きはじめて・・暴れられます
そうなると・・CMで垣間見るよろけロクロ
ものにはなりません

土の泣き笑い・・それは聞いたことないけど
土と語り合う・・はあります
土の言い分を聞く・・のも同じ

土をいじめると・・かならず仕返しに会います
だから・・「たのんまっせ!」と祈りながら挽きます
名前
URL
画像認証
削除用パスワード