花嫁衣裳

d0085887_20562839.jpg

筆を持つなら・・朝がいい
失敗したくないから・・ゆっくり準備した
わかり切った文字だが・・
一二度・・試し書きもした

新年になってから二個目
昨年末からだと・・
立て続けに三個の・・大箱の箱書き

僅かに緊張しながら・・
花嫁衣裳を整えているような気分
望まれて手許を離れる大皿と一緒に
ひそかに・・感謝の気持ちを込めた
d0085887_2057322.jpg

別の依頼だが・・納期が同じころだから
ぐい呑みの小箱にも・・落款を押した

たっぷりと朱肉に押し当ててから
ゆっくりと・・ずれないように押した

工房にいて・・慌ただしい作業を
気ぜわしくやってのけてると・・
わざわざゆっくりする作業が少ないことに驚く
いつでも・・
時間に追われる強迫から逃れていない

カラカラに乾いているらしいが
それでも・・見事に晴れあがった
空気の冷たい午前中・・
しばらくのんびりした気分だった

さて・・先方と打ち合わせて
大皿を嫁にだす日を決めなくちゃ・・


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




[PR]
by touseigama696 | 2011-01-31 22:08 | ●工房便り | Comments(10)
Commented by moon-pon at 2011-01-31 22:38
花嫁の父・・・ですね。
子沢山のtouseigama696さん、
こころ込めて育てた大切な娘をお嫁に出すときには、
とっておきの花嫁衣装ですね。
末永くかわいがってもらえるようにって。
ぐいのみさん、大皿さん、お幸せに~♥
Commented by harukob1 at 2011-02-01 15:29
moon-ponさんと同じ気持ちです。
作品はみんな先生の子供どもたちですもんね。
望まれて手元を離れる、、
そのための花嫁衣装を整える気持ち、、
生きててよかったですね!
Commented by keikono2 at 2011-02-01 15:38
なるほど....まさに、嫁に出す気分なのでしょうね~。ひとつひとつ手塩にかけた作品ですからね~。
私の写真も、先日嫁ぎましたが額装したものを見ていないので実感があまりありません・・・(笑)。
それでも、他所様のお宅で活かされていると思うと嬉しいですね。
Commented by umiko0 at 2011-02-01 15:42
花嫁のお顔を、真正面から、横から・・・
ゆっくりと広島の地で拝見してきました。
美しいだけでなく、じっくりと父の手で育て上げられた
深く、広い 溢れる魅力を持った花嫁さんでした (^-^)
Commented by mFramboise at 2011-02-01 22:16
先生のお手許からは、これまで…さぞや大勢の花嫁さんが日本、いえ世界中に旅立って行かれたことでしょうね。
そして、嫁ぎ先ではきっと、家の一番良い場所へ置かれ大切に大切に扱われていることでしょう。

Commented by touseigama696 at 2011-02-02 00:19
moon-ponさん
ありがとうございます
少しづつですが・・少しは子沢山・・笑
嫁ぎ先の・・ご好意です
有り難いことです
Commented by touseigama696 at 2011-02-02 00:20
harukobさん
ありがとうございます
もの作りの・・冥利に尽きます
Commented by touseigama696 at 2011-02-02 00:23
keikonoさん
ありがとうございます
そそ・・あなたのフォトは
もうひとのためのもの・・
いつも・・感嘆驚愕の思いで拝見してます
Commented by touseigama696 at 2011-02-02 00:23
umiko0さん
ありがとうございます
ほんとは・・行きたかったんですよ
いつか・・必ず
Commented by touseigama696 at 2011-02-02 00:26
mFramboiseさん
おいでくださって・・多謝です
ご無沙汰ですいません
作品が・・
世にでる嬉しさと
世に出る怖さ・・
どちらも・・真実です
名前
URL
画像認証
削除用パスワード