ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

高台削り (78)

d0085887_23414573.jpg

三日前に挽いた・・筒湯呑み
昨日荒削りしておいたものを
今夜・・仕上げ削りをした

どんな場合でも・・
荒削りと仕上げ削りの
両方をするわけじゃない

ろくろ目や・・カンナ目を残すことだってある
でも・・この湯呑み・・
糸を貼るつもりでいるから
できるだけ肌理細かい削りに・・と
二度の手間をかけることにしたのだ
d0085887_2341578.jpg

人間の手仕事で・・
最も難しいことのひとつは
水平であれ・・垂直であれ
真っすぐに挽いたり・・削ったりすることだ

真っすぐのつもりでも・・
ラインは・・「 ( 」に膨らみやすい
気分的に言えば・・
「 ) 」くらいのつもりでカンナを下ろしてきて
丁度「 | 」垂直になる

だから・・稽古するなら
垂直削り・・を繰り返すといい
垂直ができれば・・たまご型に曲げるのは
難しいことじゃない

今仕上げをしているのは
荒削りの際の・・やや湾曲したラインを
できるだけ垂直にしようと
補正しているというわけだ
d0085887_2342821.jpg

同じ3日前に挽いた65センチの大鉢
これも・・仕上げ削りをした

でも・・もっと乾燥が進んだ時点で
口縁部の裏側や・・高台そのものの形状を
補正したい気もする

慌てずに時間を待つつもり
65センチあったこの鉢・・今は62センチである


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




[PR]
by touseigama696 | 2010-04-04 00:08 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by mousseinmtl at 2010-04-04 12:40
キリリと削りあげられた感じが写真からも伝わります。ご説明もいつものことながらなるほど・・と拝読いたしました。スタジオに通って作業をしていると、気をつけていても一番削りやすいタイミングを逃してしまうこともしばしば・・・デス(泣)。
Commented by touseigama696 at 2010-04-04 19:57
mousseinmtlさん
分かります・・わかります・・!
陶芸は・・タイミングの技術ですからね
だから・・毎日工房にいて・・
頃合いに頃合いの作業ができるってのが便利で・・
これはプロになってしまうしかしゃあないのかも・・笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード