生ま掛け白化粧 (74)

d0085887_2253383.jpg

帯の粉引きを見せながら
口の脆さを庇うために・・
黒釉の口縁とで・・
ツートンの粉引き汲みだし
最近の定番のひとつ
d0085887_22531587.jpg

土は・・信楽の鉄分の強い赤
d0085887_2253234.jpg

信楽の白土をベースにして
カオリンなどを外割りした白化粧

高台を削った直後
やや湿りが多くて・・ルーズな状態で
ズブ漬けの白化粧

これよりも乾燥が進行してしまうと
崩れがでやすいが
やや柔らかめの削り直後だと
案外歩留まりが高いようだ
d0085887_22543623.jpg

今回は・・ひとつも犠牲はでなかった
ただし・・湿りの多い土
白化粧を吸い難いから
薄すぎないように気をつけねば・・である


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




[PR]
by touseigama696 | 2010-03-19 23:13 | ●工房便り | Comments(16)
Commented by Serena_fiona at 2010-03-19 23:33
削り直後ですか、おっかないですね^^;
私はワンクッション置くことが多いです。

口に黒釉をかけると、だいぶ脆さは軽減されますか?
Commented by usupin at 2010-03-20 00:56
こんばんは~
きゃー! 生がけ・・・成功ですねぇ。全てその後も大丈夫ですか!?(^^;
整列は気持ち良いですね~♪
Commented by touseigama696 at 2010-03-20 08:47
Serena_fionaさん
おはようございます
濡れている方が
崩壊のリスクは少ないような気がしますが
リスクがないわけじゃありません
どっちにしても・・多少は不安な作業です・・苦笑
結局・・
ロクロの腕を問われてるところもありますね

この場合・・口縁の白化粧は
乾燥後に削って・・黒釉にしますから
脆さは解消します
Commented by touseigama696 at 2010-03-20 08:48
usupinさん
ありがとうございます
今回は・・全部セーフです
スリルがあって・・いいですよ・・笑
Commented by 陶片木 at 2010-03-20 09:42 x
S&Gは大好きでよく聴きました。
懐かしいなぁ~~

白化粧を粘土がまだ生の状態でかけるとお聞きして
自分がやっていたまちがいを知りました。
私はカンカチに乾いた状態でかけていました。
一度だけ目の前で崩れられて泣きました。
やっと作っただけにかなしかったです。(ToT)
Commented by aimons at 2010-03-20 10:41
こんにちは。化粧した器大好きです。私は初めて粉引きをしたのが、ピンク御影土のお茶碗でした。結構削りも早くできたつもりでの、粉引きでしたが、焼成後、口元がはげてきちゃって 泣く泣く茶碗を廃棄処分にしたことがあります。これからも、いろんな経験を重ねつつ、がんばります。
Commented by kanmyougama at 2010-03-20 10:52
ご無沙汰しています。
化粧の緋色と黒釉の響きあいがいいですね。
白化粧の生掛け難しいしいです、というか苦手です。
白化粧の上から鉄絵銅彩など絵付けをします・・・その植えに透明掛け・・・ので生がけで水分の吸い込み化粧の《浮き・・・生地から離れる》なども悩みがあります・・・。
どうしても化粧までは素焼きして・・・。何かいい知恵がないものでしょうか・・・(笑い)

Commented by halko_s at 2010-03-20 20:15
どうもお邪魔しております~!
生がけでも犠牲無しとは!
すばらしいですねー。
私は磁器しかやってないので、化粧は縁がありませんが
教室では化粧は定番なので、
生徒さんは競って化粧がけしております…が…
はがれたり、割れたり…事故続きで
どうしたらよいものか…途方にくれておりました。

白い信楽…にカオリンなどを外割り…。
なるほど…。
大きなヒントをありがとうございます。
早速試してみようと思います~!
Commented by Potter-Y at 2010-03-20 22:02
桃青窯さんでも口の欠けには苦労されてるんですね。
色々試してみましたが結局満足いくものは出来ず放置してます。
今は調合を変えてみるよりも、
意外と土を変えてしまったほうが早いのかも、と思ってます。
Commented by Serena_fiona at 2010-03-20 23:14
お返事ありがとうございます。

乾燥後に、白化粧を削るんですか!
思いつきませんでした。
まだまだ勉強が足りませんねー。
ブログのありがたみも感じます。

Commented by touseigama696 at 2010-03-21 00:13
陶片木さん
ありがとうございます
カチカチに乾かして化粧掛けすると
水分が一気に浸透して崩れやすくなります
ぬれていると・・土と同化して・・
一緒に乾いてゆきます

安全なのは・・一度低く目の温度で
あぶりの素焼きを通過してから
化粧してもう一度素焼き
これならかなり安全ですが
ただし・・風合いを満たしてくれるか・・?
Commented by touseigama696 at 2010-03-21 00:16
aimonsさん
ありがとうございました
粉引きは・・土と釉薬の間に
化粧土を挟んでいるので
どうしても・・くいつきが悪くなりやすいですね

粉引きの宿命ですが
少しでも・・丈夫にするための工夫で
みなさん苦労してる思います
Commented by touseigama696 at 2010-03-21 00:19
kanmyougamaさん
ありがとうございます
粉引きは・・とても好きなやきものですが
どうしても・・弱みもありますね
先達の kanmyougamaさんでも同じですか・・?
少し・・安心します・・笑
Commented by touseigama696 at 2010-03-21 00:22
halkoさん
ありがとうございます
白化粧は・・色々作り方があって
使ってる土との相性も大事なようです

生徒さんがしたがるやきものですが
それだけに・・厄介ですね

粘土ベースが・・比較的安定するように思うのですが
万全の自信というわけでもありません・・苦笑
Commented by touseigama696 at 2010-03-21 00:24
Potterさん
なるほど・・そういうのもありですね
つい・・化粧土のレシピばかり考えてしまいますから・・
Commented by touseigama696 at 2010-03-21 00:25
Serena_fionaさん
この黒釉との掛け合わせでは
口縁をかんなで白化粧を削り落して
そこに黒釉を筆で差しています
名前
URL
画像認証
削除用パスワード